コンポストとは?始める前に知っておきたいこと、その方法とメリット

コンポストとは?始める前に知っておきたいこと、その方法とメリット

コンポストは、欧米ではずいぶん以前から行われている有機堆肥を作る方法のことです。台所から出る生ごみや、庭の落ち葉などを有用活用できる、リサイクリングの方法としてもすぐれています。

これからコンポストを始めてみたい人のために、くわしく解説してみました。

コンポストとは?

コンポストとは

コンポストとは、主に台所からでる生ゴミや落ち葉などから、花や野菜を栽培するための有用な土壌を作り出すことです。コンポストは、欧米ではかなり以前から行われているガーデニングの手法です。日本語では「有機堆肥」と訳されることが多いです。

コンポストの種類

コンポストの始め方

コンポストの作り方にはいくつかの種類があります。

堆肥ができるメカニズムから分けると、次の3つになります。

ミミズコンポスト

コンポスト容器の中にミミズを飼って、台所の生ごみを有機たい肥に還元してもらう方法です。ミミズも容器も購入することが可能です。

微生物による生ごみコンポスト

ミミズを使わない方法です。基本的には生ごみを土に埋めて、微生物の働きで有機堆肥へと還元されるのを待ちます。つまり、「発酵」させることにより、有用な堆肥に変える方法なんです。

生ごみコンポストは、ミミズコンポストに比べて場所をとらないので、初心者やベランダでコンポストを作りたい人にもおすすめな方法です。

落ち葉コンポスト

英語で言うコンポストには、落ち葉を利用した腐葉土作りも含まれています。この手法によるコンポストは、厳密に言うと「有機堆肥」ではなく「腐葉土」に当たります。

ミミズコンポストに落ち葉を追加することもできますが、ミミズを使わず落ち葉だけでコンポストを作ることも可能です。これも、段ボールがあればベランダでも気軽にできるコンポストの方法です。

コンポストの始め方

コンポスト初心者におすすめなのは、園芸用プランターと土を利用した「生ごみコンポスト」です。これは、ベランダのような狭い場所でも可能で、ミミズを飼う必要もありません。専用のコンテナーも必要ないので、普段ガーデニングをしている人で、プランター用のコンテナーを持っている人はすぐにでも始めることができます。

詳しい方法は、以下の記事で紹介していますので、参考にしてみてください。

慣れないうちは少量の生ごみから始めてみて、やり方に慣れてきたら徐々に増やしていくと良いと思います。

コンポストのメリット

1.無料で有用な土が手に入る

コンポストでできた土は、花や野菜の栽培にとても有用な土になります。毎日台所からでるごみから、栄養満点の土ができるわけです。しかも無料で!

2.ごみを減らすことができる

生ごみは堆肥化すると20分の1にまで小さくなります。台所から出るごみをすべて堆肥化できるわけではありませんが、一部をコンポストとして活用することで、ごみの量を劇的に減らすことができるはずです。

生ごみは、そのまま放っておくと臭いを発生しますが、健全な状態のコンポストであれば、ニオイはほどんとありません。

コンポストカテゴリの最新記事