スポンサーリンク

ピーマンの育て方と特徴

西洋唐辛子って何の野菜のことでしょうか?正解はピーマン。ナス科トウガラシ属のピーマンは唐辛子の辛くない品種をさらに改良したものです。

ちなみにスーパーなどに売られているピーマンは緑色をしていますが、これは効率を良くするために青い状態で収穫しているためで、熟すと赤くなって甘味がでてきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




嫌いなんて言わないで・・・ピーマンはこんな野菜です

ピーマンの育て方と特徴

青い臭いと苦みが苦手な子どもが多いピーマンは、人参やグリーンピースと並んで子どもの嫌いな野菜にしばしば名前が挙がりますね。

ピーマン嫌いの子どもでも食べられるような、ハラペーニョを改良した苦みと青臭さを和らげた品種の開発もされています。そして近年、クェルシトリンという成分が苦みの成分であることが分かりました。これからピーマン嫌いの子どもが減っていくかもしれませんね。

ピーマンはこんなに栄養豊富!

ピーマンの育て方と特徴

ピーマンにはビタミンCがたっぷり含まれており、ビタミンCで連想されるレモンを遥かに上回る量です。

ビタミンCは加熱に弱いのですが、ピーマンはフラボノイドが含まれているので加熱でビタミンCが壊れてしまうのを軽減しているのです。ビタミンCは美肌効果や夏バテにも効果があるので進んで食べたい野菜です。

カリウム、ビタミンPで高血圧予防にもなり、βカロテンは肌荒れに効果があります。なかなか侮れませんね。

簡単に育てられます!ピーマン栽培

ピーマンの育て方と特徴

ピーマンはあまり深く根を張らないのでプランターでも育ちます。種まきもできますが初めての方は苗から育てるのがオススメです。高温には強いのですが低温には弱いのであまり早く植えるのは避けましょう。

ピーマンの花は雨に当たると花が落ちてしまうので雨に当たらない環境を整えます。加湿が苦手なのでプランターを使う場合はなるべく深めのものを選び、水はけのよい土を使います。



βカロテンは油との相性がいいので炒め物などがオススメです。和洋中、色んな食べ方で楽しんでみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク