スポンサーリンク

日本でダイエット関連アイテムが売れる理由

欧米では肥満が大きな問題となっているのは、ご存知の方も多いでしょう。日本で「太っている」という人でも、こっちに来れば、ほとんどの場合「スリム」な方にカテゴライズされてしまいます。

それなのに、日本ではネットでも雑誌などのメディアでも、頻繁にダイエット商品が宣伝、販売されています。どうして、日本人はそんなにダイエットしたがるのでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




企業のマーケティングだと思っていたんですが

日本でダイエット関連アイテムが売れる理由

何を見ても、どこを見ても、「ダイエット」であふれている日本。炭水化物ダイエット、糖分制限ダイエット、ファスティングダイエット、置き換えダイエット…。

日本に住んでいる日本人は、どうしてそんなにみんなダイエットしたいのか。

ダイエット関連商品やファッション系の企業のマーケティング戦略に、人々が踊らされているだけかと思っていたんですよね。実は。

日本に帰ってみるとよくわかる

炭水化物の美味しさ

もちろん、企業の戦略ということもあるかもしれません。しかし、それだけではないことは、自分が日本へ一時帰国してみればよくわかります。

それは、「日本のごはんが美味しすぎるから(笑)!」

日本食はなんでも美味しいけど、特に炭水化物の美味しさは、ダントツで日本でしょう。

ごはん(白飯)、パスタ、パン、じゃがいも…。なんでも美味しくて、しかもコンビニなんかで、手軽に買うことができます。

ランチにコンビニで買い物していると、おにぎり、サンドウィッチ(しかも入っているのはポテトサラダ)、菓子パン、お好み焼き、焼きそば…、とにかく炭水化物+炭水化物の組み合わせでつい買い物してしまうこともしばしば。

一時帰国すると太る

居心地の良い居酒屋やバー

しかも、夜はビールもお酒も美味しい。晩御飯もおつまみも美味しい。夜遅くまで居心地の良い居酒屋やバーが開いているので、ついつい長居してしまう。

こんなわけで、日本に一時帰国すると必ず太ります。

確かに、「炭水化物カット」「糖分カット」したくなる気持ちが分かります。

一時帰国すると、太る、そしてダイエットしたくなる。日本に住んでいる人の気持ちが実感できました。

≫海外セレブにも人気な脂肪燃焼系ドリンク「コンブチャ」

≫置き換えダイエットに向いている酵素ドリンクランキング

≫フルーツ青汁比較ランキング‐きれいに痩せたい人のための青汁選び方

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク