年中温暖な香港から極寒のカナダへ引越し

2014年に約9年半の香港生活を終え、カナダに引っ越しました。

IMG_6099

引っ越した今でも、なぜカナダ、しかもモントリオールなのか、自分の人生について不思議に思います。

幼いころから海外にあこがれていたし、出来れば変化のある一生を送りたいと思っていたので満足してはいますが。

香港と言えば、月の最高気温の平均はほとんど20度以上です。「春節」と呼ばれる旧正月の前後が最も寒く、毎年だいたい1月下旬から2月上旬にあたります。それでも、最低気温は摂氏9度程度までしか下がりません。

hongkong

一方、カナダは冬の寒さがとても厳しい国です。私が住んでいるモントリオールは、11月か4月の中旬まで雪と氷に覆われた、長い冬が続きます。冬の最低気温は-30度前後です。

IMG_8936

私が初めてカナダの冬を経験した2014年~2015年の冬は、ここ数年で特に厳しい寒さだったそうです。

それで、周りの知り合いから「初めてのカナダの冬なのに、ひどい冬でたいへんだったね」みたいなことを言われました。しかし、そもそも私にとっては気温が零下になること自体が「極寒」なので、-1度も-20度もあまり大差ない寒さです。ただもう「寒い」としか言いようがありません。

IMG_8847

でも、初めての冬だからなのか、結構楽しんでいた部分もあります。

私が育ったのは日本でも温暖な地方なので、雪はほとんど見たことがありませんでした。もちろん香港では雪が降ることはありません。

カナダに来て生まれて初めて見る雪の情景の美しさに、見とれることもしばしばありました(もちろん、暖房の効いた室内から眺めています)。

IMG_8970

日本でも北海道などの北部地方はそうらしいのですが、外が冷え込む分家の中の暖房施設は非常にすぐれています。

私が住んでいる市内のアパートは暖房がよく効いて、戸外は零下30度近くても室内は常に20度を保っていました。そんなわけで、何とか1年目の冬は乗り越えることができました。

香港も、暖かいとはいえ一年中湿度が高いので、それはそれで体力を消耗する気候です。まあ、どこに行っても人間は順応できるものだと、われながら感心しています。

私が、生れ育った家には広い庭がありました。そこは祖父の手によって、ていねいに手入れされ、季節の花が咲き誇っていたのを覚えています。中でも私が...
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク