カナダワーキングホリデー人気都市5選

カナダワーキングホリデー人気都市5選

カナダはワーキングホリデーの行先としても人気が高い国です。でも、カナダといってもとても広いので、どこにワーキングホリデーに行くか、迷ってしまいますね。それぞれに特徴が異なり、仕事の見つけやすさも変わってきますし、通じやすい言語もエリアによって英語とフランス語に分かれます。

カナダワーキングホリデー人気都市5選を紹介します。

1.バンクーバー

カナダ、バンクーバー
アジア系移民も多い、バンクーバー

バンクーバーは「住みやすい都市ランキング」で世界No.1に選ばれたことがあるほどの人気都市で、世界でも魅力のある街として有名です。

バンクーバーは、カナダの西海岸に位置しており緯度も低く、近くを流れる海流の影響で温暖で過ごしやすく、冬でも雪が降らない気候もgood!

バンクーバーは、アジア系の移民が多く見られるのが特徴です。他のカナダの都市に比べても、日本人特に海外初心者の方でも仕事が探しやすい点では、非常に魅力です。

日本人観光客も多く訪れることから、旅行関係の仕事が多いのも特徴的です。日本人も多く滞在していることから、日本食を扱っているスーパーなども豊富で、物価も比較的安いです。日本に関係する物についても比較的手に入りやすく、日本からの直行便があるバンクーバーは、ワーホリ初心者ではNO.1の人気都市です。

2.トロント

カナダ最大の都市、トロント
カナダ最大の都市、トロント

トロントは、カナダ最大の都市で、ナイアガラの滝、街の南には五大湖の一つであるオンタリオ湖、対岸はアメリカニューヨーク州であるように滞在しても飽きない街の魅力があります。

また、世界で一番移民が多い都市として有名なため、非常に多国籍な文化を見られます。ワーホリには、もってこいの都市だといえるでしょう。

カナダ最大の都市であることから、ワーホリの仕事の種類も幅多く、アルバイトだけでなく、ビジネスとして海外で働きたい方や、カナダで本気で働きたいと思っている方には、オススメです。

内陸部に位置しているため、冬には気温が氷点下まで下がりかなり寒くなります。防寒には十分ご注意を。雪の日でも安心の世界最大級の地下街があるので安心です。

3.モントリオール

カナダ第2の都市モントリオール
カナダ第2の都市モントリオール、カジノやF1サーキットもあります。

モントリオールはカナダ第2の都市で、ケベック州に位置しています。ケベック州は、非常にフランス文化が濃い地域ですので、フランス語が得意もしくはフランス文化に興味がある方には最適です。

公用語としてフランス語が使われているため、フランスにいる気分でワーホリができます。

モントリオールは芸術の街としても有名で、音楽やアート、教会や美術館などの施設には、目を見張るものがあります。

フランス語をある程度マスターしておかないとちょっときついかも。仕事は少な目。フランス語ができないと、厳しいかも。モントリオールも内陸部に位置し、冬はかなり気温が下がりますので、防寒には十分な準備をしておいてください。

4.ビクトリア

ビクトリア
二階建てバスも走るカナダ、ビクトリア

ビクトリアはカナダの中でも特にイギリス文化が強く反映されていて、美しいイギリス調街並みは、とても魅力的です。

自然も多く人口の少ない小さな町でありながら、大都市に近く、バンクーバーまではフェリーですぐに行けばすぐ近くにあります。シアトルへは船で行くこともでき、交通のアクセスも非常に良好です。

ビクトリアは、魅力的な飲食店が多く、飲食関係のワーホリを希望している方におススメです。

私の経験上、言語環境を見る限り、ワーホリ中級者~上級者向けの都市です。

5.ウィスラー

スキーリゾートとして世界的に有名なカナダ、ウィスラー
スキーリゾートとして世界的に有名なカナダ、ウィスラー

ウィスラーはカナダ第3の都市で、 スキーリゾートとして世界的に有名で、2010年には冬季オリンピックが開催されました。

ウィンタースポーツ向けのワーホリを希望している方におススメです。

ただ、街自体は大きくないこと、ウィンタースポーツを含めた仕事の少なさからみると、長期のワーホリには不向きかも。

カナダのワーキングホリデー情報-申請方法と応募資格

カナダワーキングホリデーカテゴリの最新記事