スポンサーリンク

カナダの移民ビザ待ち期間に私がやっていた副業-海外在住でもネットで稼げる

海外で生活する際に必ず必要となるのが、ビザです。ビザの種類や取得方法は国や地域によって異なりますが、基本的に就労が可能なビザを取得していないと、いきなり海外へ行っても仕事をすることはできません。

私の場合、カナダで配偶者ビザを取り、現在は永久住民権を持っているので、仕事をするのは自由です。ただ、カナダの移民ビザを取得するには、たとえ家族ビザ(配偶者ビザを含む)であっても、1年以上時間がかかるのが通常です。

その期間、仕事は一切できないことになりますが、そんなビザ待ちの期間でもできる副業がネットでできる副業です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




カナダで働くにはビザが必要

カナダ、ビザ、副業、ネットで稼ぐ

カナダに限らず海外で仕事をするには、就労が可能なビザが必要です。ほとんどの場合、観光ビザでは就労は許可されませんので、それ以外のビザ、もしくは就労許可を取らなくてはいけません。

就労ビザの場合、雇用主に紐つけられているケースや、就業できる業種が限られているという形態があり、国や地域によって異なるので確認が必要です。

カナダの場合は、配偶者ビザ(永久住民権)を取得すれば自動的に就労が可能になります。場合によっては配偶者ビザ申請から取得までの途中で就労許可だけが先に発行されることもあります(カナダ国内からの申請の場合)。

カナダで移民ビザを取得するまでにかかる期間

カナダ、ビザ、副業、ネットで稼ぐ

カナダで配偶者ビザや家族ビザを取るということは、いわゆる移民ビザということになります。ビザ申請が許可されると、永久住民カード(PR)が発行され数年ごとの更新が必要となりますが、論理的にはカナダに居住するのも仕事をするのも自由になります(確か選挙権や被選挙権はありません)。

ただし、たとえ正式に婚姻関係を結んでいる配偶者であっても、申請から実際に許可が下りるまでには通常1年近くかかります。カナダは比較的移民を受け入れている国ですので、毎年移民申請をする人は多く、カナダ移民局はかなりの忙しさらしいです。そのため、混んでいると1年以上待たされるケースもあります。

私の場合、比較的早く、10か月程度で取得することができました。しかし、日本人の友人の中には1年半以上待たされたケースもあります。

カナダ移民局の状況やお互いの国の国交関係などによるので、なかなか一言でどのくらいの期間が必要と断言しにくいんです。

ビザを待っている期間にできる副業

カナダ、ビザ、副業、ネットで稼ぐ

いずれにしても、書類をそろえたり申請したり追加書類を用意したり、などなど、移民ビザの申請と取得にはかなりの時間がかかります。その間、正式に就活をすることもできません。

働かなくていいならそれでいいんじゃない、と思う人もいるかもしれませんが、実際仕事ができないというのはつらいものです。結婚して移民する人の場合、出産を考える人もいるかと思いますが、移民ビザがきちんと取れるまでは妊娠してもカナダの保険は使えません。

特に、それまでバリバリ仕事をしてきた人にとって、どんなにキャリアを持っていてもそれが使えない状態で暇を持て余すのは、とてもツライことだと思います。

しかし、現在はネットの普及により、自宅でネットを使って副業をすることも可能になりました。本当にいい時代ですね。しかも、日本語だけで作業をすることが可能ですので、語学力も関係ありません。

以下、私がカナダの移民ビザを待っている間に見つけた副業サイトを紹介しておきます。

1.クラウドソーシング

クラウドソーシングというのは、仕事を依頼したい人と仕事を請け負いたい人がネットを介してやり取りする働き方です。ネットで相手を探するので、場所にとらわれず多くの選択肢から自分にマッチした相手を見つけることができます。

仕事の依頼も納品もインターネット上で行いますので、実際に会ったりオフィスに出向く必要もありません。

クラウドソーシングで扱っている職種には、ウェブサイト作成やプログラミングなどの専門的なものから、簡単な記事作成やアンケート参加といった、特別なスキルが無くてもできるものもたくさんあります。

こういったサイトの中には海外在住者の登録も多く、海外在住者向けの仕事もあります。

クラウドソーシングのサイトはいくつかありますが、どこも登録は無料でできます。またサイトごとに特徴があるので、使ってみて使いやすそうなサイトを継続するのがおすすめです。

主なクラウドソーシングサイト




【ランサーズ】日本最大級のお仕事マッチングサイト!

ランサーズは日本最大手級のクラウドソーシングサイトです。歴史も比較的古く、利用者が多いのでいろいろな案件から選べるのが特徴です。




手数料業界最安でお得にお仕事【Bizseek】

Bizseekは、手数料が安いので使いやすいと評判です(手数料はお仕事を完了した時にのみ発生します、登録は無料です)。また、本人確認が必要なため、信頼できるクライアントを探している人は安心できるでしょう。




文章作成多数![シュフティ]

文章作成やデータ入力などの簡単な作業が多いのが特徴です。管理画面が見やすいので、初心差にも使いやすいです。

2.記事作成専門サイト

これもクラウドソーシングの一種ですが、最近は記事作成を専門に扱うサイトが増えてきました。これらのサイトの特徴は登録から仕事の開始までがとても速いことです。記事作成の編集画面が使いやすく反応が速いので、クライアントとのやり取り無しでいきなり作業を開始できます。

報酬はポイントとして計算されることが多いですが、換金できるはずですので、お仕事開始の前に使い方を確認してみてくださいね。

主な記事作成サイト




文章書いてお金をもらおう♪Shinobiライティング

Shinobiライティングは、文章作成サイトとしては古い方で、扱っている案件も多いです。特に主婦や学生の副業として登録している人が多いのが特徴的です。




ライティング特化型在宅ワークのサグーワークス

サグーワークスも使いやすい記事作成サイトです。文字単価が高いことでも評判がよく、経験を積んでグレードアップすることも可能です。




口コミを書いてお小遣い稼ぎ!ブログルポ

ブログルポは、簡単な口コミ記事の案件が多いので、初心者にもおすすめです。ブログなどを書いている人なら、記事もすらすら書けると思いますよ。

3.ブログアフィリエイトで稼ぐ

カナダ、ビザ、副業、ネットで稼ぐ

ブログや文章を書くのが好きな人は、ブログアフィリエイトという稼ぎ方もあります。アフィリエイトとは、自分のブログやサイトに広告を貼って、そこから広告収入を得るビジネスです。

上に紹介したクラウドソーシングの場合、作成したものを納品すれば報酬が支払われますが、ブログアフィリエイトの場合、どこまでやればいくら稼げるというものではありません。やり方によっては、クラウドソーシングの記事作成よりもはるかに大きな金額を稼ぐことも可能ですので、やりがいがあると感じる人もいるでしょう。

ブログアフィリエイトも、初期費用がゼロで始められるので、資金がない人でもすぐに行うことができます。

ブログを所有していない人は、まずA8.netに登録してください(無料)。A8ネットは、ブログに掲載する広告を取得するための会社ですが、ファンブログという無料ブログサービスが併設されているので、登録と同時にブログを作成することができます。

すでにブログを持っている人は、以下のASP(アフィリエイトサービスプロバイダーといいます。広告リンクを取得することができるサイトです、登録はいずれも無料)に登録しておきましょう。




medi8(メディエイト)ですぐ報酬発生させる

メディエイトは、広告インプレッション型のASPです。広告が表示されただけでも収益になりますので、ブログを持っている人はここで取得した広告リンクを貼るだけで作業が完了できます。

カンファレンスバナー
afb(アフィb)のお申し込みはこちら

アフィbは、業界の中でも規模の大きい方で、扱っている案件も多いです。コスメ関連も多いので特に女性にはおすすめです。そのほか、旅行や金融関連も多く、中にはA8ネットよりも報酬が高い案件もあります。報酬発生から支払いまでのサイクルが速いのも特徴です。


バリューコマース

バリューコマースもASPとしては古い方で、扱っている案件は多くジャンルも多岐にわたります。バリューコマースで扱われている広告には、だれもが知っているような大手企業のものも多いので、広告も貼りやすいと思います。

ビザが無くても副業していいの?

カナダ、ビザ、副業、ネットで稼ぐ

就労ビザや就労許可を待っている期間にできる副業を紹介しました。しかし、ビザがないのに副業で稼いではいけないんじゃないの?と思う人もいるかもしれません。

実際、海外に住んでいてこういったクラウドソーシングで収入を得ている日本人は多く、私もその一人でした(現在は堂々と仕事ができます)。

こういったネットを介した仕事で収入を得ることで、「不法就労」として検挙されたという話は聞いたことがありません。こういった働き方は比較的新しいものですので、これから法整備が進むのかもしれません。

ただし、ネットで稼いだ日本円でもその国に1年のうち半年以上滞在している場合、その国で税金を納める必要があります。

これは、おそらく所有している株式の配当金による収入でも同様だと思うんですが、国や地域によっても異なりますので、お住まいの国で確認しておきましょう。ほとんどのケースは、お小遣い稼ぎ程度の収入なら非課税となるはずですが。