カナダのワーキングホリデー情報-ビザ申請方法と応募資格

カナダのワーキングホリデー情報-ビザ申請方法と応募資格

ワーキングホリデーは、「一ヵ国につき、一生に一度だけ」のチャンスとなります!!

その国に「生活」し、「学校」へも通学でき、また「旅行」もでき、そして「働く」ことが同時に出来るのが、ワーキングホリデービザです!

海外に暮らしてみると特に感じると思うのですが、「働きたくてもビザが違うので働けない」というジレンマに挟まれることなく、現地で働くこともでき、また稼いだお金を生活費にあてたり、旅行に費やしたりすることが可能な(ワーキングホリデービザを持たない者にとっては)夢のようなビザです!

また、カナダは、ワーキングホリデーの渡航先として、日本人にはとても人気が高い国です。

2017年のカナダのワーキングホリデービザの募集要項と申請方法などを、簡単ですが、説明してみたいと思います。

カナダワーホリビザの募集時期と人数

カナダの首都、オタワ
カナダの首都、オタワ

カナダワーホリビザの募集は、毎年募集人数の枠を設定し、秋~年末にかけて発表されます。2017年の募集条件では、カナダのワーキングホリデービザの定員人数は、6,500名でした。定員になり次第締め切りとなります。

詳しい情報、また、ワーホリビザ申請先は「カナダ市民権・移民省(CIC)」になります。

カナダのワーキングホリデービザ申請資格と発給条件

カナダ第2の都市モントリオール
カナダ第2の都市モントリオール、カジノやF1サーキットもあります。

カナダのワーキングホリデービザ申請資格(発給条件)

日本国籍を有する者で、カナダワーホリビザの発給条件・申請に必要な条件は以下の通りです。

  • 対象年齢:申請時に18歳~30歳
  • 滞在可能な期間:最長1年
  • 学校へ通える期間:6か月以内
  • 就労できる期間:1年

カナダのワーホリビザ申請方法

カナダのワーキングホリデービザ申請に必要なものは以下の通りです。

  • 申請料:必要(約¥20,000)
  • 有効なパスポート 
  • カナダ入国に差し支えないバックグラウンド・・犯罪歴や健康状態など
  • 医療保険に加入する
  • カナダで仕事が内定していない
  • 航空券:往復航空券、または購入できるだけの資金を有する
  • 資金:最低CA$2,500(50万円以上が望ましい)の資金を持っていることを証明(銀行の残高証明書など)

また、提出書類として、家族構成フォーム、パスポートのコピー(写真ページ、出入国スタンプのページ)、英文履歴書、証明写真が必要となります。

必ず、「カナダ市民権・移民省(CIC)」にてご確認下さい。

もし、ご自分での申請は難しいと思われる方は、留学斡旋会社に相談(有料)されても良いと思います。

カナダに入国する時

カナダ、バンクーバー
アジア系移民も多い、バンクーバー

カナダに入国する時は、大使館から届いた「Authorization(ワーキングホリデービザ発給許可の通知書)」を、パスポートと共に入国審査官に出して下さい。

すると、入国審査官から、別の場所(恐らく、少しだけ離れた場所の)移民局に行くように言われます。

そちらに行くと、「ワーキングホリデービザ(就労許可証)」を発給してもらえます。(日にもよると思いますが、日本人が思うよりは手続きにかなり時間がかかると思います・・・「待たされた」という印象といいますか、笑)

また、預金残高証明書や、滞在先の住所なども必要となりますので、すぐに取り出せる所に準備しておいて下さい。

緊張するかもしれませんが、がんばって下さいね。大丈夫ですよ。

「一ヵ国、一生に1度」のチャンスを手にして、実り多い「ワーキングホリデー」を送って下さい。応援しています!

カナダワーキングホリデーカテゴリの最新記事