コンポストできるモノとできないモノ、見分け方

コンポストできるモノとできないモノ、見分け方

コンポストは、だれでも簡単にできる、有機堆肥を作る方法です。基本的には台所からの生ごみで作りますが、中にはさまざまな理由でコンポストに向かないものもあります。

コンポストにできるモノとできないモノについて、このサイトでは具体的に紹介していますが、この記事ではその見分け方と選び方について、ざっくりと説明します。

コンポストできるモノとは?

栄養、食事

基本的には、天然素材のものはすべてコンポストに加えることができます。例えば…

  • 野菜や果物の皮や種
  • 茶葉やコーヒー豆の残りカス
  • タマゴの殻
  • ダンボール紙
  • 落ち葉や枯れた花・植物
  • ペットや人の髪の毛、爪

ただし、中にはコンポストとして微妙なものがあります。

枯れてしまった植物や切り花は堆肥化することが可能ですが、コンポストの中で発芽する可能性があります。雑草など、菜園に望ましくない植物は、コンポストに加えない方が賢明でしょう。

野菜や果物の皮や種子は、堆肥化することができます。ただし、固い皮や大きな種子は、完全に堆肥化するまでに時間がかかります。もし、ベランダで生ごみコンポストを行いたいとき、それらは1週間では堆肥化できにくいので、取り除くほうがいいかもしれませんね。

コンポストできないモノ

化学合成物質を含むものは、コンポストに加えるべきではありません。

  • 肉、魚、乳製品
  • 金属
  • プラスチック
  • 化学薬品や洗剤
  • 食用油、工業油

肉や魚、乳製品は、堆肥化することができますが、これをコンポストとして加えることで、ネズミなどの動物を引き寄せることになりかねません。ですので、このサイトでは、コンポストに望ましくないアイテムとして扱っています。

その他、金属やプラスチックなどは、土に返るまでに膨大な時間を要することはご存知かと思います。これらのアイテムはコンポストできません。何らかの方法でリサイクルすることを検討してみてください。

化学薬品や洗剤は、コンポストによってつくられる土のPhバランスをくずしたり、発酵に必要な微生物やミミズの働きを止めてしまう可能性があります。ですので、これらのアイテムはコンポストに入れない方がよいでしょう。

油は、たとえ食用のものであっても、コンポストに加えない方がよいです。堆肥化には水分が必要ですが、油は防水作用により、その堆肥化を妨げてしまうことがあります。

もし、少量の植物油がコンポストに混じってしまった場合、神経質になる必要はありません。ただ、あまり量が増えすぎるとネズミなどを引き寄せる原因になることも留意しておくべきでしょう。

コンポストカテゴリの最新記事