ロケット(ルッコラ)とベビーリーフを植えました!

野菜作り

カナダ、モントリオールの冬は長いです。11月から雪が降り始め、4月上旬まで雪がなくなることはありません。

田舎の家は、モントリオールからさらに北方へ車で1時間のところなので、市内よりも春の訪れが遅くなります。

もうすでに5月ですが、やっと雪が溶けて春めいてきたばかりです。

ですから、ガーデンニングを始めるには、まだ少し早いかなと言う感じです。夜はだいたい4~5度くらいまで気温が下がります。でも、零下になることはないので、ちょっと不安ながらも、ロケットとミックスサラダ(ベビーリーフ?)の種まきを行いました。

IMG_0284

ロケットはルッコラとも呼ばれる、アブラナ科の野菜です。ちょっとくせのある野菜で、苦味とペッパーのような風味があります。サラダのアクセントなどによく使われますね。

生育も早く、育てるのはとても簡単です。収穫しても、どんどん葉をつけるので、時期の間はいくらでも取れます。

ただし、日光が必要です。去年モントリオール市内の家でも育てようとしましたが、日当たりが足らなかったらしく、うまくいきませんでした。

ロケットは、連作障害が起こるので、去年とは違う場所に植えます。種をまいたら、ほとんど放ったらかしでもOKです。ちゃんと日光が当たればすくすく育ちます。

IMG_0296

ベビーリーフは、若い芽をサラダとして食べる野菜の総称です。こちらでは「ミックスサラダ」と言って売られています。

日本だと、スーパーに売られているベビーリーフは安くないですよね。カナダでも、だいたい140g入りのパッケージで4カナダドルぐらいします。

自分で育てると、ロケットと同じく、どんどん育ち食べ放題(!)的になるので、育てがいがあります。

ロケットと同じく、日光がよく当たる場所で育てます。種をまいた後はほとんど放任状態です。

あまり成長しすぎると、アクが強くなりすぎるので、若いうちに収穫します。成長して花をつけたものは、種を取ることもできます。

ロケットにしてもベビーリーフにしても、夏の暑さには弱いらしく、15℃~20℃くらいが適温らしいです。ここの夏の気温はまさにそれぐらいなので、ちょうど育ちやすい環境です。

次に、田舎に来るのは3週間後です。種まきの時期が、やや早すぎるかな、と言う感じなので、少し不安ですが、元気に育ってくれるといいな・・・。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
無料メルマガ「カナダからのノイズ」配信中!

私が運営するブログの更新通知や、海外暮らしのつぶやきなどを盛り込んだメルマガです。
長期旅行中を除き、毎日更新を目指しています。ブログ運営や海外生活に興味がある方は、お気軽にご利用ください。
登録は無料、解除もいつでも可能です。登録は以下のリンクから、メールアドレスのみの入力で可能です。

野菜作り
スポンサーリンク
川崎 慶子をフォローする
カナダでガーデニング生活
トップへ戻る