カナダ大麻合法化の日‐2018年10月17日

カナダ大麻合法化の日‐2018年10月17日

2018年10月17日、カナダにおいて大麻(マリファナ)の所持、吸引が合法になった(カナダ公認スタンプのある大麻製品でなくてはならない)。カナダ国内においては、大麻を持っていても吸っても違法とはならない。大麻を育てる場合には制限があるらしい。

 

 

タバコやアルコール同様「嗜好品」としての大麻

カナダ大麻合法化の通知
カナダ政府からの大麻合法化のお知らせ

これにより、大麻はタバコやアルコールと同じような嗜好品として位置づけられる。法定年齢(州によっことなる)以下の未成年は対象外で、彼らに大麻を販売することも違法となるらしい。

アルコールと同じく、大麻によってハイになっている状態で車を運転することもNG。また、たとえ渡航先の国や地域が大麻合法のエリアであったとしても、カナダから大麻を国外へ持ち出すことは違法となる。

大麻販売価格はいくら?

実際には、合法化される前から街で大麻を吸っている人はたくさんいたし、警察も取り締まっていなかったので、現実的な街の風景としては何も変わらないだろう。ただ、合法となったことで闇マーケットが成立しなくなり、大麻価格が安くなることが予想されていた。

しかし、実際にふたを開けてみると、闇マーケットに比べて比較的高い価格で販売開始となったようだ。おそらく、合法となったことで需要も拡大されたのかと思われる。

同時にカナダ政府としては、大麻販売による収入からの税収アップが見込めることになり、さらに大麻所持や販売が犯罪でなくなる以上、犯罪率も下がるわけだ。また、大麻を楽しむことを目的にカナダ旅行するという人も増えるかもしれない。

現地に住む日本人として感じること

大麻合法化については、地元の人々の間でも意見が分かれるところだ。大麻そのものにはタバコよりも中毒性が低いという指摘や、アルコールのような健康被害がないと意見する人もいる。

確かに、麻薬中毒者とアルコール中毒者、酔っぱらいと大麻でハイになっている人を比較すると、似たようなものなのかもしれない。

それでも、私は、アパートの隣の部屋で大麻パーティーをやって、子供のような振る舞いで暴れる隣人を持ったことがあるし、街でゾンビ風の大麻中毒者に人種差別的な言葉をぶつけられたこともある。

私には子供はいないけれど、もしいたとしても、公園からラリった女性が下半身裸で飛び出してくるような街で子供を育てたいとは思わない。

 

もしかしたら、数年後には「大麻合法派」のほうが多数派になっているかもしれないし、私自身考え方が変わるかもしれない。

でも、合法化のこの瞬間に出くわした日の感想として、今素直に感じているこの「憤り」のようなものを、ここに書き留めておきたいと思った次第です。

カナダ情報カテゴリの最新記事