スポンサーリンク

意外と外人にウケる日本料理、ぞうすいレシピ(?)

海外生活していると、ホームパーティでお客さんを招いたりすることがあります。特に西洋人は、ホームパーティが大好きで、いつもわいわい楽しんでいます。ホームパーティとなるとおもてなし料理をすることも多いのですが、日本人ではないお客様には、意外な日本料理が受けたりします。その一つが「おかゆ、もしくはぞうすい」。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




ぞうすいは妙に外国人にウケる

もしかしたら、私の身の回りの外国人(すみません、日本人以外の人たちという意味で使っています)だけなのかもしれませんが、ぞうすいやおかゆを作ると妙に感動されます。

おかゆですよ、おかゆ。

日本だと病人しか食べないような「白かゆ」です(笑)。

中国では、朝食に白かゆを食べますね。ですから、外国の国際的なホテルなんかに行っても、朝食バイキングで白粥を出すところもあります。

そんな感覚でしょうか。もちろん、病人ではないので、白かゆにいろいろなものをトッピングします。漬物とか、ドライガーリックとか、コリアンダーとか・・・。

たまごぞうすいを作ってみた

「レシピ」と言ってしまうのは、ちょっとおこがましいのですが、一応たまご雑炊を作ってみました。

冷たいご飯が余っていたので、それを多めの水で煮ます。ちなみにうちではタイ米を食べるので、これもタイ米です。雑炊やおかゆにするには日本米でもタイ米でも、かわりません。

たまごを溶き入れる

じっくり煮たおかゆにたまごをとき入れます。ちなみに今回は、前日に作っていた鶏スープが残っていたので、これも加えてごはんを煮ました。

意外と外人にウケる日本料理、ぞうすいレシピ(?)

大根葉のお漬物

意外と外人にウケる日本料理、ぞうすいレシピ(?)

これは、自家菜園で採れた大根の葉の漬物です。ホワイトなんとかという小さな大根ができるはずだったのですが、なぜか、土の中で実(大根が大きくならず、葉っぱばかりが元気に育ってしまいました。仕方がないので、大根葉の漬物にしました。

漬物といっても、昆布茶の粉と塩麹、唐辛子で数日漬け込むだけです。

たまご雑炊完成

漬物をトッピングして、たまご雑炊の完成です。

意外と外人にウケる日本料理、ぞうすいレシピ(?)

ちょっとアジアンテイストなボウルに持って、箸を並べれば「オー!、ビューティフルー!」なーんて、感動してくれます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク