スポンサーリンク

海老のスパイシーライム焼きレシピ

海老をバーベキューするときには、あらかじめマリネしておくと臭みがなくなり、味も良くなります。我が家のお気に入りは、豆板醤とライムでマリネした海老です。 

スポンサーリンク
スポンサーリンク




カナダで買う海老について

エビのスパイシーライム漬け焼き
ここカナダのモントリオールにも、中国やベトナムからのエビが輸入されます。そのほかにはエクアドルから冷凍エビが入ってきます。当然すべて冷凍ですが、殻つきのものや殻なしのもの、加熱済みのものなど、いろいろ選べます。だいたい400g入って、7~12カナダドルくらいで買えます。

冷凍エビは扱いやすく、手軽に変えるのですが、やや臭みがあります。ですから、繊細な日本料理に使う時には、しっかり臭みを抜く必要があります。我が家では、いつも炒め物かバーベキューにしていただきます。その方が簡単に美味しく食べられます。

ちなみに、カナダで買う海老(?)系の食材に、ロブスターがあります。カナダのロブスターは有名で、日本で買うものと比べると安く買えます。ロブスターの旬は春から初夏のようなので、その時期にカナダに来る方は、レストランのメニューで見かけたら試してみましょう。

海老のスパイシーライム焼きレシピ

冷凍エビを調理する時には、あらかじめマリネしておくと、臭みを和らげることができます。今回はライムと豆板醤を使ってマリネしたエビを串焼きにしました。

材料

エビのスパイシーライム漬け焼きのレシピ
エビ(冷凍、殻つき)  300gぐらい
ライム 半個
豆板醤 小さじ1強

作り方

1.冷凍エビを解凍して、ざっと洗います。殻はとりません。
2.ライムのしぼり汁と豆板醤をエビと合わせてよく混ぜます。
3.そのまま、最低でも30分程度寝かせます。
4.エビを串に刺してグリルします。

エビのスパイシーライム漬け焼きレシピ焼き上がり

今回はちょっと焦がしてしまいました・・・。

エビは殻つきの方がグリルした時に焦げ付かず、中は蒸し焼きのようになってうまく焼けます。殻はクリスピーになりますので、そのまま食べても美味しいです。

お家で用意して、アウトドアのバーベキューにも最適だと思います。豆板醤の量は好みに合わせて調節してください。