スポンサーリンク

シンガポール風ペッパークラブ(蟹)のレシピ

スーパーで、冷凍のかにが安く売られていたので、シンガポール風ペッパークラブ(蟹)を作ることにしました。

IMG_0366

マダガスカル産のカニ、1㎏で10カナダドルでした。

本来のシンガポールクラブは、大きなカニで作ります。

ペッパークラブとも言いますが、ブラックペッパーをたっぷり使った、スパイシーな料理です。ブラックペッパーが苦手な人には、ちょっと無理かも。

一応シンガポールクラブと言って、シンガポール料理では有名ですが、以前マレー料理のレストランでも食べたことがありますので、あの辺には共通してポピュラーな料理なのでしょう。

マレー料理のレストランで食べた時は、これと同じくらいの小さめのカニを使っていたので、これでも作れるはず。

では、作り方です。

材料(2,3人分);
カニ(冷凍を使いました) 500g
にんにくみじん切り  3かけ分
しょうがみじん切り  ひとかけ分
唐辛子   2~3本(お好みで調節)
黒コショウ     大さじ1
オイスターソース  大さじ1弱
醤油       大さじ1弱
砂糖       大さじ1弱
バター       10g
サラダ油  適量

作り方;
1.冷凍のカニを使ったので、解凍してから茹でます。大きめの鍋にたっぷりお湯を沸かし、カニを茹でます。

IMG_0367

2.しっかり赤くなるまで、茹でたら、鍋から取り出します。

3.同じ鍋に、サラダ油、にんにく、しょうが、唐辛子を炒め、香りを出します。

4.そこにオイスターソース、醤油、砂糖を投入し、さらに黒こしょうを入れ、少しとろみがつくまで炒めます。

5.茹でたカニを加え、ソースをからめるようにして、数分煮ます。

IMG_0375

6.最後に香りづけに、バターを加えます。

7.お皿に持って、好みでコリアンダー(パクチー)を飾って出来上がりです。

IMG_0377

この日の献立は、シンガポールクラブに、サラミとロケットサラダ、青梗菜と鶏肉の塩炒めでした。

黒コショウがよく効いたシンガポールクラブは、ビールによく合います!

IMG_0368

St-Ambroise のIndia Pale Ale(IPA)です。St-Ambroise は地元、カナダ、モントリオールの地ビールです。ちょっと個性的な香りが、夏っぽいです。ハーブやフルーツのような風味がしますが、アルコール度数はそれほど高くない(4.5%)で、のど越しも良く、飲みやすいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク