海外在住者がネットで稼ぐ副業

カナダ在住の私がやっている在宅ワーク。
ネットで稼ぐようになったきっかけと体験談を含めて
稼げるサイトを紹介します。

詳しくはコチラをクリック

グラタンをフライパンで焼くときのコツ―トマトソース/ホワイトソース使用

グラタンやラザニアをフライパンで焼くコツ レシピ

田舎の家に引っ越して以来、オーブンが壊れてしまっているのでオーブンなしでやりくりしています。

グラタンとか、ラザニアとか、本来オーブンで焼くものもすべてフライパン(我が家はスキレット)で作っています。

数回やってみて、なんとなくコツがつかめてきたので、読者のみなさんとシェアしておこうかなと思いました。

スポンサーリンク

グラタンもラザニアもフライパンで焼けます

「グラタン フライパン」とかで検索すると、「フライパン一つでできるグラタンのレシピ」なんて情報が出てきます。でもよく読んでみると、ホワイトソースをフライパン一つで作って、そのあとは耐熱容器に入れてオーブンへ…、なんてレシピがほとんどなんですよね。じゃあ、フライパン一つじゃないじゃん! なんて思うのは私だけでしょうか。。。

今回、ここで話題にしているのは、本来オーブンで料理するグラタンやラザニアをフライパンで焼く方法です。

ギリシャ料理の「ムサカ」は別記事としてレシピを掲載していますが、

ズッキーニで作るムサカ風のレシピ―フライパン(スキレット)使用
自家菜園でズッキーニを収穫したので、それを使ってギリシャ料理のムサカ風を作ります。現在、うちのオーブンが壊れていて使えないので、フライパン(26㎝スキレット)で作りました。 ムサカは通常ナスを使いますが、私は西洋ナスがあまり好きではな...

これも本来はオーブンで焼く料理です。

オーブンなしの生活になってから(オーブントースターはあります)、ラザニアやグラタンなど、いろいろフライパンで焼いてみました。何回も焼くうちに、なんとなくコツみたいなものが分かってきたので、まとめておきます。

グラタンやラザニアをフライパン(スキレット)で焼くときのコツ

グラタンやラザニアは、基本トマトソースやホワイトソースですよね。そういったソースを使ってフライパンで焼くときのコツを紹介します。コツさえ覚えておけば、応用が効くはずなので、自分の覚書としても書いておくことにしました。

1.具材、ソースはあらかじめ火を通しておく

まあ、これはフツーにオーブンで焼くときも同じだったりしますが、フライパンで焼く場合、オーブンに比べると火力が弱くなる傾向にあり、さらに下方向からの加熱しかできません。

そのため、上にトッピングするチーズ以外の具材やソースは、あらかじめちゃんと火を通しておくことがポイントだと思います。そうすれば、火が通っているかどうかの心配もいらなくなります。

2.トマトソース→ホワイトソースの順に広げる

ラザニアのようにトマトソースとホワイトソースを両方使う場合の、フライパンに広げていく順番です。

これは、他の方のレシピを見ても、みなさんトマトソースを先に(一番底に)広げるようになっているので、その方がよいのだと思います。

3.蓋をして弱火で加熱する

具材とソース、その上にチーズなどのトッピングをして、いざ加熱!という段階になったら、蓋をして弱火で加熱するのがおすすめです。具材にはすでに火が通っているはずですので、じっくり全体を蒸し焼き状態にして温めるという感じです。

全体が温まって、上のチーズが溶けてきたら、そろそろ完成です。

4.チーズをバーナーで焦がす、あるいはローストしたパン粉を散らす

キッチン用のバーナーがある方は、最後にチーズをバーナーで焦がすと、グラタンやラザニアっぽくなります。

そうしなくても、焦げたチーズ感を出すには、あらかじめローストしておいたパン粉を散らして料理するということ。これは、けっこういい方法です。パン粉にチーズが絡んで、焦げたチーズ感を演出してくれます。

パン粉をローストする方法は、一番最初にフライパンでパン粉をフライパンで乾煎りするというシンプルなやり方で十分です。

5.鉄製のフライパンは料理後のお手入れもしっかり

特にトマトソースを使用した場合、スキレットなど鉄製のフライパンでは、表面の油膜が失われてしまうことがあります。

グラタンやラザニアをフライパンで焼いたあとは、きちんとお手入れしておかないと、次回使用したときの焦げ付きの原因になります。トマトソースのような酸性の素材を使ったときはとくに注意が必要でしょう。

スキレットなど、鉄製のフライパンのお手入れ方法は以下の通り。

  1. 調理後、きれいに洗う
  2. 完全に乾かす
  3. 油を薄く塗っておく(フライパンが温かい状態で行うのがおすすめ)

 グラタンやラザニアのフライパン焼きはそのままテーブルへ

グラタンやラザニアをフライパンで焼く

オーブンがないことから始めたグラタンやラザニアのフライパン焼きですが、焼いたあとそのままテーブルにドンと提供できるのはオーブン料理と同じことです。

スキレットなら、そのまま出してもけっこうおしゃれ感があって、おもてなし料理としても便利です。冷めにくいのもメリットの一つですね。

オーブンがないからといってあきらめていた人も、ぜひ試してみてください!

 

 

「知識ゼロ未経験ライターからブログ運営を経て不労所得を作るまでの道のり」メルマガ無料登録

海外にいながらにして、ネットで稼いできた私ですが、ブログや他サイトでは公開しにくいノウハウをメルマガの中で紹介しています。

・知識ゼロ、未経験からウェブライターになる方法
・ライティング技術を活かして自分でブログ運営する方法
・コンテンツ販売などによる不労所得を作る方法

登録者全員に、

SEOライティングや、文章力を200%高めるブラッシュアップ法を盛り込んだ、
PDFファイル(14000文字強)を、特典として無料プレゼントしています。

登録は無料、解除もいつでも可能です。

迷惑フォルダに入ることが多いので、メルマガが届かない場合は、迷惑フォルダをチェックしてみてください。

レシピ
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
カナダでガーデニング生活

コメント

トップへ戻る