ぷりぷり海老餃子(蒸し)のレシピ【市販の餃子の皮使用】

ぷりぷり海老餃子(蒸し)のレシピ【市販の餃子の皮使用】 レシピ
ぷりぷり海老餃子(蒸し)のレシピ【市販の餃子の皮使用】

香港飲茶などで出てくる海老餃子が大好きなんですが、あれを自宅でも作りたいと思って挑戦してみました。

点心として出てくる海老餃子(蝦餃)は、透明なもちもちの皮で包まれています。あれは浮き粉という粉を使うらしいのですが、普通の家庭にはないですよね。今回は市販の餃子の皮で代用しました。

 

スポンサーリンク

材料

  • 海老 (冷凍) 300gくらい
  • えのきだけ 60gくらい
  • 片栗粉 大匙2
  • 中華スープの素(粉末/顆粒) 小匙1
  • ごま油 小匙1
  • 酒(紹興酒でも可) 小匙1
  • おろし生姜 ひとかけ分
  • 餃子の皮 25枚くらい
  • 餃子のたれ(醤油と酢を半々)
  • 生姜の千切り(たれに加える分)

 

作り方

  1. 海老の皮をむき、片栗粉(分量外)をまぶして臭みを取り、さっと水で洗っておく。
  2. エノキは8㎜くらいの長さに刻む。
  3. 冷凍エビを刻む。ぷりっと歯ごたえを残したいので、あまり小さくし過ぎないこと。大きさにムラがあってもOK!
  4. 刻んだ海老に、エノキを加え、さらに片栗粉、中華スープの素、ごま油、酒(または紹興酒)、おろし生姜を加えてよく混ぜる。
  5. 4を餃子の皮で包み、せいろに並べていく(せいろにはクッキングシートを敷いてください。レタスやキャベツの葉でも可)。
  6. 蒸し器で15分ほど中火で蒸す。
  7. 火を止めて5分くらい蒸らして出来上がり。
  8. 餃子のタレは、我が家は生姜の千切りを加えました。好みでラー油なども。

 

ポイント

えのきだけは無くてもかまいません。

市販の餃子の皮なので、本格的な海老餃子というわけにはいきませんが、それなりに美味しく出来上がります。

片栗粉が無い場合は、コーンスターチでも代用可能です。海老の臭みをとるには、紹興酒やフィッシュソースを使うという方法もあります。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
無料メルマガ「カナダからのノイズ」配信中!

私が運営するブログの更新通知や、海外暮らしのつぶやきなどを盛り込んだメルマガです。
長期旅行中を除き、毎日更新を目指しています。ブログ運営や海外生活に興味がある方は、お気軽にご利用ください。
登録は無料、解除もいつでも可能です。登録は以下のリンクから、メールアドレスのみの入力で可能です。

レシピ
スポンサーリンク
Hanaをフォローする
カナダでガーデニング生活

コメント

トップへ戻る